1. RubyKaigi 2014 Regular Tickets are Available

    This is quick announcement.

    2nd batch tickets to RubyKaigi 2014 are now online.

    You can register or (be waitlisted) via Doorkeeper.jp:

    http://rubykaigi.doorkeeper.jp/events/12215

    It must be the final boarding call for rubyists.

    Don’t miss it if you’re planning to join <3<3<3

    We look forward to see you rubyists in Funabori, the east-end of Tokyo.

    — @kakutani, RubyKaigi 2014 Team

    P.S.

    You have still ~12 hours to submit your lightning talk!!

  2. Call For Lightning Talks for RubyKaigi 2014! (Deadline: 8/24 (JST)

    We RubyKaigi 2014 Team are looking for lightning talks from the attendees/speakers/sponsors of RubyKaigi 2014. ANY TOPICS RELATED TO RUBY AND/OR RUBYISTS are welcomed!

    Submission Form:

    Call for Lightning Talks for RubyKaigi 2014

    For more info about the Kaigi:

    We’re looking forward to hearing your awesome lightning talk <3

  3. Call For Volunteer Staff for RubyKaigi 2014!

    NOTE: This page is only available in Japanese. The primary language RubyKaigi staff uses to communicate is Japanese, so you need to understand Japanese to be a volunteer. Native-level Japanese isn’t required though, and if you can understand most of this page, you should be fine. Thanks <3

    • 2014/09/04 更新: gihyo.jpレポータ若干名以外のボランティアスタッフの募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました!!

    RubyKaigi 2014 Teamでは、運営をお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集します。

    RubyKaigi 2014 のボランティアは金銭的な報酬はありませんが、スピーカーとも一般参加とも違ったカンファレンス体験ができます。慌てて補足しておくと、Organizing Teamも金銭的な報酬をもらって運営しているわけではありません……。ボランティア特典としては、次のようなものを予定しています:

    ボランティアスタッフの特典(?)

    • RubyKaigi 2014 スタッフTシャツをお渡しします
    • Team のページ にクレジットします
    • 会期前日9/17(水)の夜から最終日9/20(土)の朝まで、会場近くのスタッフ宿に宿泊できます
    • 会期中の3日間の昼食にお弁当がでます(RubyKaigi 2014 スピーカー、参加者と同じお弁当)
    • RubyKaigi 2014 撤収後のスタッフ打ち上げに参加できます(任意)
    • Rubyist のお友達が増える、と思います(保証はありません)

    以下に掲載する募集しているポジションの説明や応募条件に目を通していただいたうえで、2014 at rubykaigi dot org 宛に E-mail でご応募ください。実行委員による選考の上、結果を追ってご連絡いたします。

    応募の際には以下の情報を含めてください:

    各ポジションへの応募方法

    • お名前など、あなたを識別できる文字列(例:島田浩二,しまだ,snoozer05など)
    • あなたのgithubアカウント(運営に使っています)
    • 応募するポジション
    • 私をそのポジションに採用すべきnの理由(n > 0)
    • その他、連絡事項や伝えたいこと

    応募はボランティアスタッフを適正な人数採用できた段階で締め切らせていただきますのでご了承ください。 皆さまからの応募をお待ちしています! 不明点や疑問点も同様に 2014 at rubykaigi dot org 宛にメールでお問い合わせください!!

    会期中の運営お手伝いスタッフ, 若干名(募集は終了しました)

    いわゆる「当日スタッフ」です。受付、運営、KaigiFreaks のお手伝いです。 RubyKaigi 2014 の会期中の運営のお手伝いスタッフを募集します。コードでなかなかRubyコミュニティに貢献できていないのだけれど、普段の感謝を労働力で示したい皆さんを若干名募集します。応募資格のない人がいるので、下記の要項をお読みのうえ、2014 at rubykaigi dot org 宛にメールでご応募ください。

    お仕事の内容

    • 会期前の設営、会期中の受付、KaigiFreaksの配信、運営スタッフ作業、会期終了後の撤収をお手伝いいただきます。
    • 作業の状況や内容によっては、本編のトークを見ることができないかもしれません。
    • 会期前日(17日(水))の午後から現地で作業を手伝ってくれる方を歓迎します(必須ではありません)。
    • 会期3日間のお手伝いが可能な方を歓迎します。

    応募にあたって

    • 日常英会話ができなくはない方を歓迎します(必須ではありません)
    • お金がないけどRubyKaigiを見てみたい学生の皆さんは、 学割や最終日の無料参加 も選択肢としてご検討ください。
    • 都内移動ぶんと国際便の交通費はでません。応募したいけど東京まで遠いという方の交通費については応相談です。
    • RubyKaigi 2014 のチケットを既にお持ちの方の払い戻しについては、個別に相談させてください
    • 応募にあたっては、上述の「各ポジションへの応募方法」の内容を含めたメールを、Subject「RubyKaigi2014当日スタッフ応募」としたうえで、2014 at rubykaigi dot org 宛に送信してください。

    応募対象外の方

    • RubyKaigi 2014 のチケットディスカウント対象者の方(皆さんはコンテンツですから、是非とも参加者としてご参加ください!)

    皆さんからの応募メールに目を通すのを楽しみにしています!!!

    日本語話者のトークの英語への同時通訳のサポート, 若干名(募集は終了しました)

    RubyKaigi 2014 では、昨年に引き続き日本語によるトークに基本的にプロの同時通訳を入れます(日本語から英語です)。会期前から同時通訳の準備、会期中の同時通訳担の方との事前打ち合わせや進行をサポートするチームです。チームリーダーも含めて募集します!

    お仕事の内容

    • 会期前のスライド英訳など、同時通訳の準備のために必要な資料の作成、スピーカーからの資料の取り立て
    • 会期中の同時通訳担当の方との事前打合せ、会期中のトークについての進行のサポート
    • 英語セッションでの質疑応答での日本語→英語、英語→日本語での通訳のサポート(オプション;余力があれば)

    応募にあたって

    • Rubyにまつわる技術的な内容について、文字ベースで日本語と英語のコミュニケーションに不自由しない方を歓迎します。
    • 会期中に現場に足を運んでいただける方だとありがたいですが、事前準備についてはリモートなのでインターネットさえつながれば、地球上のどこからでも参加可能です
    • 会期中の同時通訳担当の方との事前打ち合せに参加していただけると大変ありがたいです(15 - 20分程度だと思います)。日本語の技術用語などを、英語でどう言うのが適切か、などのアドバイスをいただけると大変ありがたいです。
    • 申し訳ありませんが、会期中のスタッフ宿の提供については保証がありません(そこまでベッドを確保できていません)。事前準備でのお手伝いが中心になると思いますので、悪しからずご了承ください。
    • RubyKaigi 2014 のチケットを既にお持ちの方の払い戻しについては、個別に相談させてください。

    gihyo.jpに掲載する RubyKaigi 2014 のレポート記事執筆者, 若干名(募集は終了しました)

    お仕事の内容

    • gihyo.jpに掲載するカンファレンスレポート記事の執筆です。keynoteを中心に執筆いただきます
    • 網羅的なレポートではありませんし、エクストリーム・スポーツでもありません
    • Rubyとそれに関連する周辺的な技術事情についての知識が、出版社の編集者の方よりは多い方を歓迎します
    • 3日間かけて3つのkeynoteがおこなわれるので、複数人のチームで分担したほうが安全かも、と思っています
    • レポート執筆料が技術評論社さまから支払われます(金額などはお問い合わせください。執筆者が複数の場合の配分は山分けなど、レポートチームで决めてください)
    • 記事の構成などはgihyo.jpの担当者の方とご相談ください

    応募にあたって

    • スタッフTシャツは支給いたしません
    • RubyKaigi 2014 Teamからの交通宿泊費の補助はありません
    • チケットをお持ちでなければ、3日間プレス参加できるように手配いたします
    • RubyKaigi 2014 のチケットを既にお持ちの方の払い戻しについては、個別に相談させてください

  4. RubyKaigi 2014 Ticket Selling Page Is Now Online <3

    Thank you for long-waiting. Here you are!

    http://rubykaigi.doorkeeper.jp/events/12215

    Enjoy!

  5. RubyKaigi 2014 Call For Presentation

    We have just opened the CFP form for RubyKaigi 2014!

    You can submit your talk proposal via http://rubykaigi.org/2014/call-for-presentations

    RubyKaigi 2014 will be held on 18th-20th September in Tokyo. To make it a great conference, WE WANT YOU!

    We are looking for great talks and great speakers. ANY TOPICS RELATED TO RUBY AND/OR RUBYISTS are welcomed!

    • Application DEADLINE: 2014 June 11th (Wed) 19:00:00 (JST)
    • Selection result will be notified in June, hopefully: 2014 June 29th (Sun)
    • Registration: Selected speakers need not to buy the Kaigi ticket.
      • We’ll keep your ticket at cost if your proposal is rejected.
    • Travel Expenses: We can not afford your travel expenses to/from RubyKaigi :<

    Here are some information about the venue and the Kaigi:

    • We plan to have 2 to 3 multi tracks, in various room sizes.
    • We plan to have simultaneous translation from Japanese to English (though EN->JA is not planned. We expect Japanese participants to understand English).
    • Social stream projection may be available in all these rooms (but it’s tentative and we can’t guarantee that).

    We’re looking forward to hearing your awesome talk <3

    P.S.

    We are also seeking for sponsors now. If you are interested in becoming a sponsor for the Kaigi after reading sponsorship package description PDF, then please submit from the application form http://rubykaigi.org/2014/sponsorship-submission !!

    (@shyouhei).

  6. We apologize

    RubyKaigi 2013 has come and gone. We would like to thank all the speakers, attendees, sponsors and visitors who supported this year’s event. RubyKaigi would not be possible without your help and your support.

    To our great pleasure, many who attended this year’s RubyKaigi have expressed to us how much they enjoyed the event. However, some have also expressed concern about what they felt was an atmosphere which was, at times, potentially alienating to women. As organizers, we take responsibility for this atmosphere and apologize for not having done enough to prevent it.

    It is of utmost importance to us that RubyKaigi be a technology conference that is welcoming to everyone. Failing in this regard threatens the future of our community.

    We look forward to holding another RubyKaigi in 2014, and sincerely hope that nobody in our community feels dissuaded from attending due to the issues mentioned above. If you have any suggestions about what we can do to improve the next RubyKaigi, or any other questions or comments, please do not hesitate to let us know.

    @kakutani, Organizing Director of RubyKaigi.

  7. About your nametag @ kaigi

    RubyKaigi has a tradition of using postcard-sized name tags. You write your name very big to your tag. Everyone can recognize each other.

    Every year we have a place to write name tags at Kaigi venue but people tend to write their name too small or with too thin lines…. So they didn’t get the advance of the big tag. Please, write your name big.

    To encourage your smooth communication we also recommend you to prepare your name tag, with really big typeface, optionally with twitter IDs and gravatars and so on.

    The dimension of the area you write your name is witdh:90mm x height:100mm; which is the same as past several Kaigi.

    Let’s prepare our own nice name tag, and enjoy communication with other Rubyists!

  8. iRubyKaigi’13 is now available on App Store!

    iRubyKaigi’13 presented by ITO SOFT DESIGN has been released. This application enables you to browse a schedule of RubyKaigi 2013.

    Download on App Store

    RubyKaigi 2013 実行委員のしまだです。

    伊藤ソフトデザインさまより、RubyKaigi 2013 のセッション情報を閲覧する iOS アプリケーション、iRubyKaigi’13 のご案内をいただきました。 下記にご紹介いたしますので、どうごご活用ください!

    iRubyKaigi’13 のご紹介

    iRubyKaigiでお馴染み?の伊藤ソフトデザインのかつよしです。こんにちは。
    RubyKaigiセカンドシーズンとしてた新たな開催となるRubyKaigi 2013を今から心待ちにしています。

    さて、iRubyKaigi’13がリリースとなりました。
    iRubyKaigiのファンの方、そうでない方もご利用頂けたら幸いです。
    iRubyKaigi’13のダウンロードはこちらから

    iRubyKaigiはRubyKaigiシーズン1の終わりと共に終わる予定でしたが、RubyKaigiがシーズン2として帰ってきて作ろうかどうかと思っている所で、咳さんを応援しようとしたら後に引けなくなり、今回も作ってしまいました。
    6/1 10:00からの咳さんのセッションはお見逃しなく。

    昨年iOSの新たな開発環境としてRubyMotionが発売になりました。この事はまつもとさんのツイートで知ったのですが、3時間というもの凄く長い時間もかけて悩んだ末に思い切って購入する事にしました。
    これまではiRubyKaigiで側面からRubyKaigiを応援する形でしたが、RubyMotionのおかげでRubyを使う事でも役立てて嬉しいかぎりです。

    今回のiRubyKaigi’13では時間軸をリニアに表現し、各コマの時間がどのくらいになっているか視覚的に比較できる様に表現してみました。 LUNCH BREAKが意外と時間があるんだなと作ってみて思いました。
    そして、今までiPadにも対応したいと思ってましたが、初めてiPadに対応しました。
    といってもUniversalにしたらそのまま動いてしまっただけで、iPad向けに特別な事をした訳ではありません(^^;

    そんなこんなしてたら、今まで便利だったスピーカー毎の一覧や、検索、お気に入りまで手を入れる時間がなくなってしまって、代わりにWebViewでではありますが、TwitterやFacebookのタイムラインを割と簡単に確認できる様にしてみました。

    それではiRubyKaigi’13が皆さんと会えるのを楽しみにしてます。

  9. Call For Lightning Talks for RubyKaigi 2013! (Deadline: 4/30 (JST)

    We RubyKaigi 2013 Team are looking for lightning talks from the attendees/speakers/sponsors of RubyKaigi 2013. ANY TOPICS RELATED Ruby AND/OR RUBYISTS are welcomed!

    It must be suitable for making announcement of your excellent product, your awesome community and your great idea worth to spread!

    Submission Form is here:

    Call for Lightning Talks for RubyKaigi 2013(google form)

    Notes on submission

    • The lightning talks slot will be held at 5pm on May 31, 2nd day at Main Hall.
    • You have exactly 5 minutes to give your talk.
    • You must have your own ticket to RubyKaigi 2013 to give a talk.
    • YOU ARE GOING TO GIVE A TALK IN ENGLISH (You can do it).
    • Application DEADLINE: 2013-04-30(Tue) 23:59:59(JST)
    • Fields marked with “will be public” are to be public when your proposal is accepted.
    • Remember to KEEP A CARBON COPY OF YOUR FORM INPUTS before pressing the “submit” button.
    • We won’t reimburse your travel expense.
    • Selection result will be (hopefully) notified until: 2013-05-07(Tue)

    For more info about the Kaigi:

    We’re looking forward to hearing your awesome lightning talk <3

  10. EarlyBird Tickets Will Be Online at Around 7:30am, Mar 28 (JST)

    We RubyKaigi 2013 Team opened our awesome sponsors and speakers list <3<3<3 It must be excited!!(the official schedule will coming soon…).

    We have decided the schedule for selling EarlyBird tickets (27,800 JPY) on the community page of rubykaigi on doorkeeper.jp

    1st round for EarlyBird

    It will be at around 7:30am, Mar 28 (JST), 70% of early bird ticket will be sold.

    2nd round for EarlyBird

    7:00pm, Mar 28 (JST): the last 30% of ticket will be added.

    Note for Qualified Attendee to Discount

    All discount type tickets (except Ruby committer discount), Ruby-no-kai related project discount and CFP submitter discount will be expired in the end of April. Be quick!

    Resources